スポンサーリンク

財津和夫 サボテンの歌と平井堅 half of me 表現こそ違えど 彼女が去った喪失感がしみじみ

あ、あの歌とこの歌、同じようなことを歌ってる! と

共通点をみつけるとちょっとドキッとしたり、嬉しくなったりします。

 

財津和夫さん歌うサボテンの花、平井堅さん歌うhalf  of   me 

どちらも、しみじみと気持ち伝わる歌で大好きな歌です。

この歌をきいていると、同じような気持ちが伝わってくることに気づきました。

 

当たり前のように、いてくれた君がいなくなってしまった。

大好きだった、と気づいたときには彼女はいない。

いまさらながらに、彼女の存在感の大きさを感じ、さみしさが増してる。

そんな気持ちがひしひしと伝わってくるのです。

 

どちらもささいなことでのいきちがい。

 

あたりまえはいつももろい、とhalf  of   me 

君がいない世界が待ってると切なさがましていきます。

なにをみても、なににふれてもふたりで分け合ったことに気づく、あたりには、

さみしい気持ちがピークに。

窮屈だった夜ほど愛おしいと歌います。

 

財津和夫さんのサボテンの花は、

編みかけていた手袋と洗いかけの洗濯物

シャボンの泡がゆれていた、と彼女が去ってしまったさびしさが伝わります。

 

たえまなくふりそそぐように 君を愛せばよかった

というあたりで、泣けてきます。

 

今までいて当たり前だった彼女の存在が、どれほど大きかったのか、

どちらもひしひしと伝わってきます。

失ってから気づく、、、、。

 

どちらも、こころにしみる歌です。

 

⬇⬇⬇ユーミンと中島みゆきさんの表現こそ違えど、はこちらに書きました ⬇⬇⬇

utasuki.chaosan.info

 

サボテンの花 ~ grown up

 

 

【メーカー特典あり】half of me(初回生産限定盤)(DVD付)(ポストカード付)