奥村チヨさん昭和の名曲、熱唱 徹子の部屋で 引退前の心境語る

徹子の部屋のゲストは、奥村チヨさんでした。10月23(水)

今週は、昭和の懐メロウィークです。

 

1965年にデビュー後も、変わらぬ可愛らしさと若々しさできれいな奥村チヨさん。

いったい、何歳なの!? なぜこんなに若いの?

夫の浜圭介さんともいつもラブラブで仲良しで、幸せそう。

 

恋の奴隷 をはじめとする、恋3部作の爆発的ヒットを語っていました。

昭和の歌、全盛期と言われていたあの時代に、仲が良かったのは意外や意外、

佐良直美さんと美川憲一さんだったそうです。

 

お二人からのメッセージと夫からの言葉に、目をうるませていた奥村チヨさん。

思わず、もらい泣きしてしまいました。

 

そんな、幸せいっぱい元気いっぱいの奥村チヨさんが、

今年(2018年)、引退することを決意されたそうです。

今までにいろんないい歌に出会ってきた人生。

終わりの時は、、、、と決めていたことがあったそうです。

 

夫が作曲した運命の歌で、人生の転機を

それは、この先、自分が惚れ込んだ歌に再び出会えた時に辞めよう! と。

なかなか、そんな歌にお目にかかれなかったんですが、夫がとある曲を作って、

歌い手を探していたんだとか。なかなか見つからずにいて、

この曲聞いてみて、と奥村チヨさんにも何度か言っていたそうなんですが、

なかなか聞く機会をつくらなかったそうです。

 

ふとしたことで、その歌を聞いた奥村チヨさん。

それが 運命の歌 となったそうです。

まさに夫が作曲した 運命の歌で人生の転機を迎えるわけです。

終着駅といい、この歌といい。

引退を決心させた歌、というのが

サイレントムーン

 

夫が作曲した歌で歌手としての人生が開き、その歌手としての幕を閉じるときも

夫作曲の歌で、というのが、なんと劇的なんでしょうか。

歌手冥利に尽きる、と話しておられました。

スタジオで  終着駅 ’95 を熱唱してくれました。

 

その懐かしい歌声を聞き、ああ、昭和 がまたひとつ 終わっていく と感じました。

ありがとう~サイレントムーン(DVD付)

ありがとう~サイレントムーン(DVD付)

 
浜圭介 作曲生活50周年記念ベストアルバム

浜圭介 作曲生活50周年記念ベストアルバム

  • アーティスト: オムニバス,高山厳,桂銀淑,島津ゆたか,香西かおり,奥村チヨ,坂本冬美,内山田洋とクールファイブ,三善英史,八代亜紀,北原ミレイ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/05/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る